ニコチン依存症

煙草を吸う70%の人はニコチン依存症と言われ、「依存」という病気です。
自力で禁煙するのは難しく、今までチャレンジしては挫折を経験したという方も多くいるのではないでしょうか。
ただ、病気だということは治療法があるということです。
当院では、正しい知識を持って禁煙に取り組むためのお手伝いをいたします。

依存のメカニズムはシンプルなものです。

煙草を吸うことで、ニコチンが脳内に到達し、ドパミンを放出させます。
ドパミンは快楽をもたらせますが、代謝によりニコチンが欠乏すると、ドパミンも減少していきます。
この時にイライラを感じ、ドパミンを回復させるため再度喫煙をしてしまうのです。この流れから脱却することができない人は禁煙をすることはできません。

自力で禁煙が
できない方のサイン
  禁煙治療

自力で禁煙ができない方のサイン

吸うつもりだった本数より多くの煙草を吸ってしまうことがある

過去に、本数を減らそうとして失敗したことがある

煙草が吸えないとイライラしたり、落ち着かなくなったりする

病気にかかった時、煙草が悪いとわかっていても吸ってしまうことがある

煙草による身体的・精神的問題が起きていることを自覚しているが、吸うことがある

煙草が吸えないような付き合いを避けることがあった

自分は煙草に依存していると自覚している

禁煙治療

■それぞれの人に合わせた治療を行います。

煙草への依存度や止めたいという意思の強さは人によって違います。
当院ではそれぞれの人に合った治療ができるよう、投薬に合わせ、アドバイスによる禁煙治療を行っております。
また、精神科や心療内科にかかっている患者様は、症状やお薬との関係で禁煙のためのお薬が使えない場合や、禁煙という行為そのものによるストレスなどで症状が悪化する事もあり、一般的な禁煙外来での治療が難しいこともあります。
当院ではそういった方でも禁煙治療をすることが可能です。
一度、お気軽にご相談ください。

このページのトップへ