自律神経失調症

明らかに体調が悪いのに病院の検査結果は「異常なし」。このような方は自律神経失調症の可能性があります。

自律神経とは、内臓を動かす・汗をかくというような、意識の外で自動的に働く神経のことを言います。
「交感神経」と「副交感神経」の2つの種類があり、「交感神経」は活動する神経、「副交感神経」は休息する神経です。
この2つは、普段はバランスを取り、体温の調節やホルモンの分泌など体に欠かせないことを行っています。

自律神経失調症とは、ストレスや更年期というようなことが原因となり、バランスが崩れ、体に様々な不調を引き起こしている状態のことをいいます。症状としてめまい・動悸・頭痛などの体の不調がありますが、体の異常ではなく、神経調節の異常であるため、病院の検査などでは「異常なし」と診断されるのです。

日常生活の中であらわれるサイン   「自律神経失調症」の治療

日常生活の中であらわれるサイン

冷え性である

急に動悸が激しくなることがある

食欲の低下

光がまぶしく感じる

感情が不安定になった

体の特定の部分が痛い

手足・全身がしびれる

「自律神経失調症」の治療

■心の負担を軽くしましょう

自律神経失調症の多くは、精神的なものが要因となっています。過度の疲労やストレスなど、自分にとって負担となるものが大きくなると自律神経のバランスが崩れるのです。
負担となっているものが何かを見つけ出し、関わり方を変えることで症状が軽くなることもあります。
また、「規則正しい生活」を送ることで、自律神経のバランスを整えることができます。適度な休養や食事などで体のリズムを整え、自律神経のバランスを良くしていきましょう。

当院では、投薬など体と心の両方に働きかける治療と並行して、生活習慣の改善や体質・考え方の問題点の解決など、様々な角度から治療を行います。

■心は徐々にバランスを崩していきます。

体に不調があるにも関わらず、検診で「異常なし」と診断されるのは不安で心配なことです。ただ、それを気にしすぎると、それが原因となり、さらに自律神経のバランスを崩すことがあります。
自律神経のバランスは気づかないスピードで徐々に崩れていきます。
少しでもおかしいと感じたら一度ご相談ください。

(秋に監修した本が発売される予定です。「よくわかる 自律神経失調症」(C)ナツメ社)

このページのトップへ